事務の改善の具体例まとめサイト

事務の改善の具体例をまとめて見ました。
コスト削減、効率アップ、ムダの削減を行って、事務改善を進めるための参考にして下さいね。
 

カテゴリー:改善の方法

スポンサーリンク

http://kaizentowa.seesaa.net/

対症療法の改善はムダのスパイラルを生む

事務の改善を対症療法では考えるとムダを生んで、生産効率が悪くなって
ムダのスパイラルにはまってしまうことが多いようですね。

事務の改善には順番があり、生産ラインの効率を上げるために、まず、ここの部分を
改善する必要がある。

企業の品質管理は厳しいのは当然のことであるが、いい製品を作って高く買って
もらわないといけない。

続きを読む


posted by kaizensama at 00:53 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

業務の効率化にも限界があるのか?

事務の改善を行う上で、業務の効率化は避けてはとおれません。

事務も現場の改善も、業務の効率が上がらないままでは、改善した意味さえ失ってしまうので、
単に時間のみが過ぎていくだけのムダ使いになってしまいます。

いま、世界経済は混乱し、株式は暴落したままで、明るい兆しは見えてきません。
経済が安定成長をしているときは、事務の改善も問題なく進めていくことができるのですが、
まさに経済が冷え切った経済状況では、事務の改善にも限界があります。

続きを読む
posted by kaizensama at 00:28 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

トヨタ式改善のコツを知れば案外簡単?

 事務の改善の方法を考えるときには、トヨタ式改善を参考にするといいですね。
トヨタ式の改善は、目標を達成しても完結で終わらせないこと、常に次の改善について目標を
もっているため、事務の改善が永遠に続いていくことにあります。

 トヨタ式の改善のコツは、現状に満足せずに、未来へ常に欲を持ち続けることによって、
改善が進み生産性が上がるというもののようである。

 しかし、トヨタ式といわれる改善方法で、全てに事務の改善が成功するのでしょうか。
継続的に欲を求めることだけで、効率はすすむのでしょうか。

続きを読む
posted by kaizensama at 23:51 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

トヨタ並みの改善|一秒が命のカイゼン方式とは?

世界のトヨタ自動車は、今や「カイゼンのトヨタ」と世界で注目されています。

そしてファーストフードの世界大手のマクドナルドも営業成績を伸ばすため、トヨタ式カイゼン
に乗り出しているんですね。

この背景には、世界的な景気の低迷、雇用不況状況の悪化などにより、トヨタの事務の改善により
経営の見直しを行うためである。

コンセプトは「1秒でも早く顧客に商品を手渡すこと」、そのためのは、事務の改善をすることに
より業績アップにつなげるというものです。

続きを読む
posted by kaizensama at 19:56 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

事務改善は数値目標を定めることで改善が進みやすい

事務の改善は数値目標を定めることで、改善が進めやすいです。

事務を改善しようと提案するときには、コストをいくら削減するのか、期間はいつまでに改善するのか、
といった目標、特に数値目標が必要ではないかと考えています。

事務の改善を目標もなく、やみくもにやろうとしても、ダラダラとした改善にしかならないでしょうね。
上司のこのような改善策を提案したとしても。理解は得られなく、却下されるでしょうね。

事務 改善は、特に現場の業務どのように改善したら業務の効率があがるのか、常に考えておかないと
いけませんね。
続きを読む
posted by kaizensama at 23:09 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

事務 改善ツールを使うことで効率化が加速する!

 事務の改善を進めるためには、改善ツールとよばれるツーツがあれば非常に便利ですね。

 事務を効率的に改善するためにはやっぱり、いろいろな改善ツールを利用して、事務の効率を高めることが必要ではないでしょうか。

 情報の共有化のためには、グループウェアを改善して企業内での情報の共有化を図ることですね。改善ツールによる情報の共有化にあたっては、グループウェアの果たす役割は重要で、ここが改善されるかどうかによっても、企業の方向性を社員に徹底させる観点からも大切な部分を占めているのではないでしょうか。
 また、事務を改善するための改善ツールの真価が問われることにもなりますね。

a0782_000054(b1).jpg

続きを読む
posted by kaizensama at 22:37 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

事務改善はムダの発見が第1歩

事務 改善は、ムダの発見が第一歩です。

事務の中には、一見ムダがないように見えて、結構無駄が多い事務、特に定型業務
(ルーチンワーク)の中には多くのムダが含まれていることが多いようです。

定型業務は反復作業が多いため、ムダを発見することにより、事務の効率は飛躍的に改善
されることがあります。

しかし、案外とムダに対する問題意識が薄いのが現状ではないかと思います。
続きを読む
posted by kaizensama at 00:01 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

ホンダ流の改善は標準化すること

自動車の生産体制の「作り方の標準化」、ホンダ流の改善は、工場つまり現場ごとの流派は
許さないという業務の改善命令から始まったようである。

それまでは、工場ごとのやり方で生産体制を整えていた時代があったようである。
あの本田宗一郎の「世界のホンダ」もそのような時代があったのですね。

工場の仕事から事務の仕事へと考えてみると、同じ会社でありながら事務所ごとに事務処理の
やり方が違うといったものであるが、ピンと来ませんね。


続きを読む
posted by kaizensama at 00:54 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

人材の育成は事務改善の重要なポイント

事務の改善では、人材の育成が重要なポイントだと考えます。

社員のスキル、能力をあげないといい意味での事務の改善はできないでしょう。
そのためにも人材育成は企業の責務として実施すべきである。
と考えています。

事務の改善をおこなうため、IT ソリューションの改善や現場 事務の改善などたくさんの
人材育成プログラムが用意されています。

企業における事務の効率化のためには、人財活用と人材育成はセットで考える必要があるのでは
ないでしょうか。

続きを読む
posted by kaizensama at 19:20 | 改善の方法
http://kaizentowa.seesaa.net/

事務改善は今までの常識を非常識として考える

事務の改善には、常識を非常識として改善する方法もありますね。

事務の道具としてのパソコン一つをとっても、日進月歩で進化しているのだから、今まで使っていた
ソフトウエアを使った事務の処理方法が、ベストなのかを常に考えなければなりません。

新しいソフトが開発されているかもしれませんし、同じものであっても、他の利用方法で簡単に処理する
方法があるかも知れません。

昨日までは、事務のやり方が良かったとしても、今日になったら不効率となる時もありますからね。

続きを読む
posted by kaizensama at 23:55 | 改善の方法
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。