事務の改善の具体例まとめサイト

事務の改善の具体例をまとめて見ました。
コスト削減、効率アップ、ムダの削減を行って、事務改善を進めるための参考にして下さいね。
 

スポンサーリンク

http://kaizentowa.seesaa.net/

照明器具の改善はムダな経費を簡単に削減する方法

照明器具の改善について考えてみましょう。

毎日、オープンスペースの広い事務室で仕事。
事務室の中の照明器具のスイッチはワンフロアごとになっていることが、多々あります。

以外とこの電気のスッチの配列により電気代がかかるため、くせものなんですね。
ここの事務の改善をすることで案外ムダな経費を削減することができるんです。

勤務時間内では、職員も多く照明を全部つけても気にはなりませんが、勤務時間外ではどうでしょうか。
人が少なくなった事務室。ワンフロア全部に照明がついていることを想像して下さい。

ムダですね。改善の余地はありますね。ここで、ムダと思っている人が何人いるです。
もったいないと思っている人は、電気代の改善 案がすぐにでてくるのです。

聡明器具の改善策としては、照明のスイッチの配置を、係またはチ−ムごとに細分化する。
細分化することにより、人の動きによりオン・オフができます。

これで、フロア内でも時間外には係、チームごとに消灯して帰ることができます。
たったこれだけの事務の改善でも、電気料のムダを省き経費を削減することができます。
また、照明機器の寿命も長くなりますますから一石二鳥ですね。

この事務の改善により工事費(投資経費)と料金等(管理経費)とのコストを比較しても数年で
ペイできるのではないでしょうか。

さらに、改善により照明器具の部品交換頻度は遅くなり、管理費のコストは削減ができます。照明機器の安定器の寿命は8年から10年と言われていますので、使用頻度を少なくすることで耐用年数も延びることになります。

もう一つの改善策は省エネタイプの安定器に変えることで30%〜50%くらい節電効果があるものも市販されているようですから、コスト比較を行って事務の改善を考えて下さい。


posted by kaizensama at 22:58 | 改善の具体例
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。