事務の改善の具体例まとめサイト

事務の改善の具体例をまとめて見ました。
コスト削減、効率アップ、ムダの削減を行って、事務改善を進めるための参考にして下さいね。
 

スポンサーリンク

http://kaizentowa.seesaa.net/

事務改善の具体例|冷暖房費を改善してコスト削減

事務の改善の具体例について考えてみましょう。
 
事務所には冷暖房機器や照明機器などの電気製品は必需品です。
これら機器類の電気料は結構高い経費となりますね。
特に原油等の生産コストが高くなると更に経費としてかさむことなります。

さらに、地球温暖化により温度は高くなりつつありますから、今後冷房コストは高くなってしまいます。
エアコンの使用に関して事務の改善することによりコストを削減することが、重要となってきます。

改善は機器の使い方次第で、電気代は大きく変わってきます。
今年の夏は、地球温暖化の影響で非常に暑い日が続きそうです。
真夏日や最高気温の更新も分かりませんね。冷房の使用方法を改善して電気代を削減することが
必要です。

冷房費の改善としては、エアコン機器の温度設定により電気代を削減することが考えられます。

冷房時は、設定温度を28℃にすることにより、また、暖房時の室温は20℃にすることにより、
ムダを省き経費の削減ができます。

冷暖房の温度を1℃控えるだけでも、クリーニングするだけでも、事務の改善をし、電気代の削減効果
が期待できます。

夏は窓の日差しを避けるため、カーテン、ブラインドを下げる。これだけの簡単な作業で室温を
下げることができ、冷房費の削減をすることができます。冬は逆に、日差しを長く事務室へ
取り込むようにしましょう。

クールビズに改善するだけでも体感温度は2℃下がると言われていますので、これだけでも冷房費
の削減効果があります。

このように、チョトしたことで、大きな改善を得ることができます。


posted by kaizensama at 00:00 | 改善の具体例
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。