事務の改善の具体例まとめサイト

事務の改善の具体例をまとめて見ました。
コスト削減、効率アップ、ムダの削減を行って、事務改善を進めるための参考にして下さいね。
 

スポンサーリンク

http://kaizentowa.seesaa.net/

トヨタ式 改善で成功する理由

トヨタ式の改善方式は、世界でも注目を浴びています。

現在世界的な大不況の中で、企業は経営再建のための方策をいろいろと考え実践していますが、出口が見えない状況です。

事務の改善で先端を走っているトヨタですが、この改善方法を取り入れることによって、経営を改善することができたという事例があります。

アメリカのコーヒーチェーン大手 スターバックスが、事務の改善をトヨタ生産方式に準じた方式に変えることで、この不景気の中では大幅な業績回復につなげることができたというのだ。

トヨタ式の事務の改善では、当たり前のことを当たり前にすることなんですが、事務を進める中で、事務 作業工程をストップウオッチ片手に秒単位で改善をしていくことなんですね。

スターバックスの業績は悪化していたのですが2009年4〜6月期の最終損益は、約144億円の黒字にすることができたようです。

トヨタ式の事務の改善は今や、世界でも「カイゼン(Kaizen)」として認識されるようになってきました。さすがに世界のトヨタですね。

トヨタ式の改善は、やっぱり事務の中で見過ごされていたムダを排除し、事務のムダな部分を改善することが根底にあるようです。

スターバックス社も、トヨタの生産式 事務の改善のやり方を基本に日本のトヨタ自動車本社での勤務経験を持つ米国人が「カイゼン」をアドバイスして、アメリカ全土に展開している店舗で、トヨタ式の事務の改善を行った結果が、経営の黒字に転換できた要因だと思います。

トヨタ式改善の事務の改善 例としては、

@ 商品の材料を近くまとめる。
A 顧客に提供するコーヒーの種類が一瞬でわかるように色別のラベル を張る。

など改善したことにより、注文から商品を渡すまでの時間が秒単位で早く改善でき、お客さんにも喜ばれているようです。

トヨタ式の改善方法は、事務のやり方を変えることによって、時間を短縮することができる。
その結果として、コスト削減につながり、顧客満足度が向上。最終的には経営の安定につかながり、社会的にも貢献できる企業として成長することができるのではないでしょうか。


posted by kaizensama at 08:54 | 改善の具体例
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。