事務の改善の具体例まとめサイト

事務の改善の具体例をまとめて見ました。
コスト削減、効率アップ、ムダの削減を行って、事務改善を進めるための参考にして下さいね。
 

スポンサーリンク

http://kaizentowa.seesaa.net/

目標管理による事務改善方式は達成感はあるのか

事務の改善は、目標管理による改善のやり方が考えられます。

目標管理による事務の改善は、企業では早くから導入されていて、事務 改善の実績として
成果をあげています。

目標管理とは、毎年度の事務の目標を職員やグループに掲げ、設定させて、年度末にその目標の
達成度を評価し、人事や給与に反映させる制度です。

企業などは職員やグループに対して既存の事務をどのように改善するのか、方法や期間、
コストなどについて具体的な目標値を明確に設定させ、どれだけ事務の改善、実績(業績)を
上げることができたのかを数値で判断することができるため、人事や給与に反映させやすいこと
から、導入が進んできているようです。

職員1人ひとりの能力にあわせた改善の目標が設定できることや、グループでの目標設定により、
全企業全体のスキルアップが期待できることが、目標管理のメリットではないかと考えます。

今、自分が進めている事務について処理時間、経費(コスト)などの問題点がどこにあるのか、
どのように改善したらいいのか、事務を改善、達成するためには、どの方法がいいのか、総合的
な目標を設定することにより、計画性が見えてきますね。

目標管理は、職員が目標を立て、その目標に向かって計画を立て、その計画に向かって事務を
改善していくことになりますから、職員自ら改善する意志がなければ、目標を達成することは
できなくなります。

事務の改善では、当初の目標を立てる時には、その目標が過大となっていないのか、企業側を
交えて目標の設定をして、目標管理による事務の改善をする必要があります。


posted by kaizensama at 00:13 | 改善の必要性
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。